>  > APP (エーピーピー) AP-8000 ニッサン スカイライン DR30系 81.8~85.8 SFIDA (スフィーダ) ブレーキパッド

Artina アルティナ フロアマット スタンダード グレー ミラジーノ L650 H16.11~ 2WD車 リアヒーターダクト付/無

米国株投資情報を中心に資産運用やビジネスのアンテナを広げるブログ

アメリカ株の個別株投資戦略 5

米コカコーラ社(The Coca-Cola Company)は世界200ヶ国以上でコカ・コーラなど清涼飲料水を販売する企業。

コカ・コーラ社はグローバルのブランド価値評価ランキングで13年連続1位(近年はAppleなどに1位の座を明け渡した。参考:Best Global Brands)とその世界的なブランド力を背景に百数十年に渡って愛されてきた商品を販売し続けている。

APP (エーピーピー) AP-8000 ニッサン スカイライン ゴールドメッシュセット DR30系 MRA(エムアールエー)スクリーンオリジナル 81.8~85.8 SFIDA (スフィーダ) ブレーキパッド

本社であるザ コカ・コーラ カンパニーは製品の企画開発・マーケティング戦略と原液メーカーとして、ボトラーという濃縮原液を水で薄めて容器にいれる最終製品と出荷を手がける瓶詰め会社(主にフランチャイジー)に原液を供給する。

ボトラーは地域ごとに分けられエリア内での独占的な原液からの最終製造・販売ライセンスを得ている。

そのボトラーの販売量に応じた一定のフィーが米本社であるザ コカ・コーラ カンパニーに還元される仕組みである。

APP (エーピーピー) AP-8000 ニッサン スカイライン DR30系 81.8~85.8 SFIDA (スフィーダ) ブレーキパッド お見逃しないように

ブリヂストン ECOPIA エコピア NH100 RV 9月末迄 サマータイヤ 195/65R15 HotStuff WAREN ヴァーレン W04 4本 ホイールセット 15インチ 15 X 5.5 +43 4穴 100;エスペリア Espelir ダウンサス(フロント) DOWNSUS トヨタ ピクシスエポック LA310A H24/5~25/8;ヨコハマ アドバン・エイ・ゼロゴーニー265/35R18 97Y XLYOKOHAMA ADVAN A052265/35-18

APP (エーピーピー) AP-8000 ニッサン スカイライン DR30系 81.8~85.8 SFIDA (スフィーダ) ブレーキパッド;【店舗取付サービス】【ギブソン】【1・2型ハイエース200系ワイドミドルルーフ】GIBSONフロントハーフスポイラー [6S3]ダークグリーンマイカメタリック;プロコンプ ショック ES3000 [ラングラー TJ 1997- 標準車高] PROCOMP ショックアブソーバー 1台分 新品;新品 トヨタ MR-S 自動車 UV フロントガラス ZZW30;クスコ フィット GK5 RS (13.09~) 6MT LSD Dサイズ フロント 標準デフ:オープンデフ Type RS 1.5WAY(1&1.5WAY)

エスコ 75x50mm平型スクウェアー(1級焼入) (EA719AK-2), 【メーカー在庫あり】 OHDS0080 大見工業(株) 大見 OMI強靭鋼用ドリル(ショート) 3D 外部給油 OHDS-0080 HD店, NISSAN (日産) 純正部品 スプリング フロント ブルーバード シルフィ 品番54010-EW50A, 90 クレスタ メンバカラー【エスティーアール】クレスタ JZX90 リアメンバーカラー アルミ, 【USA在庫あり】 ラペラ Le Pera ベアポーン ソロシート スムース 71年-84年 FX、FXWG、66年-84年 FL、FLH ジェル素材 DS-905910 JP店 【メーカー在庫あり】 中興化成工業(株) チューコーフロー ファブリック 0.095t×300w×10m FGF-400-4-300W HD

ボトラーは、コカ・コーラ本社と資本関係を持たない独立資本の企業がほとんどであり、ボトラーをフランチャイズ化することでコカ・コーラ本社自体は高い利益率を維持することができた。

もちろん、コカ・コーラを大規模展開するための設備投資や流通網構築をアウトソースするためにも系列のボトラーは流通上切り離せない密接な関係で、本社の戦略上、一時的にフランチャイジーを取り込み、設備投資などのテコ入れを行い、再フランチャイズ化などを行う場合がある。

コカコーラ社の業績推移グラフ

DR30系 (エーピーピー) SFIDA 81.8~85.8 APP スカイライン AP-8000 DR30系 (スフィーダ) ニッサン スカイライン ブレーキパッド

その圧倒的なシェアにより長らくコカ・コーラ経営陣はペプシの存在や競争的な罵倒を無視し続けていた。

しかしペプシコによる、ペプシチャレンジPRの大成功でペプシのシェアが急増し、経営陣はその態度を急変させることになった。

ブラインドテストでコカ・コーラとペプシを飲み比べてもらうペプシチャレンジの全米でのペプシの勝利PR(一口飲む事と、一缶飲み終わることは別で、ペプシはコーラより甘いので一口目に有利だという説があるが)にペプシを危険な競合だと対応策を練り始めたわけだ。

そこでコカ・コーラ陣営は、ペプシに対抗するための味としてコカ・コーラをニュー・コークとしてリニューアルを行い大々的に発表した。

しかし、そのニュー・コークは大失敗に終わった。

ニュー・コークの失敗は逆にクラシックなコカ・コーラの熱烈な愛飲者の存在を浮かび上がらせ、当時のマスコミの「コカ・コーラ戦争」としてのショーのような取り上げられ方、また結果的に陳列棚争いで復活したコカ・コーラ・クラシックと新タイプのコークの両方を幅広く獲得するなど優位に立つことになったことで失敗とは言い切れないかもしれないという説もある。

その後もコカ・コーラ社とペプシコにおける熾烈な価格競争により、利益率こそ犠牲にしたが、米炭酸飲料市場の参入障壁(陳列棚争い)は高まり、2大炭酸飲料の巨人として近年は以前ほどの価格競争は行わず、両社は安定した収益を生み出してきた(炭酸飲料離れが進行しているといわれているが)

両社は規模の利点をいかした広告戦略と流通コストで優位性が生まれており、そのブランド力とあわさり安定的な業績で、鉄板の連続増配配当銘柄としても愛好されている。

コカ・コーラ・カンパニーの競合他社

ペプシコ(PEP)
 ―PepsiCo, Inc.
ドクターペッパー・スナップル・グループ(DPS)
 ―Dr Pepper Snapple Group Inc.
モンスター・ビバレッジ(MNST)
 ―Monster Beverage Corp
 ―エナジードリンク「モンスターエナジー」を販売
 ―コカ・コーラがMNSTの16.7%の株式を取得
 ―米コカ・コーラはレッドブルを頂点とするエナジードリンク市場に度々参入するがレッドブルの牙城を崩せなかったこともモンスターの株式を取得した要因の1つかもしれない。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-51297