>  > 15インチタントL350、360系ENKEI オール オールテン マシニングガンメタリック 5.0Jx15Bluearth AE-01 165/55R15

15インチタントL350、360系ENKEI オール オールテン マシニングガンメタリック 5.0Jx15Bluearth AE-01 165/55R15

15インチタントL350、360系ENKEI AE-01 165/55R15 オール オール 5.0Jx15Bluearth マシニングガンメタリック オールテン 5.0Jx15Bluearth

期間:2010年10月22日~2010年10月31日
I.M 様

GON-000497

15インチタントL350、360系ENKEI オール 6.5 オールテン マシニングガンメタリック 5.0Jx15Bluearth 全国送料無料 AE-01 165/55R15

友人Nちゃんと合流して、成田空港にてチェックイン。
列に並んでいると、たまたま前に大会参加の芸能人がいた。(オリンピックを狙っているあの芸人さんです)

わーお!

さっそく話かけるも、予想以上の人見知りオーラ(笑)ま、いきなり人から話しかけられたら、そうなるか。

伊丹から移動してた別の友人Aちゃんとも合流して機内へ。
13時間というフライトは結構つらかったけど、エアカナダ、なかなか良かったです。

映画が豊富で、機内食も充実すぎるくらい出て、普通のご飯のほかに、カップヌードルが丸々1個とか、サンドイッチとか、本当に食べすぎました。

そんなこんなで、トロント到着。時差は13時間。着いたのは、10/22(金)夕方16時くらい。
空港はキレイ。デカイ。気候はサムイ。
送迎が遅れて、40分ほど待ちました。芯まで冷え切りました。。

ホテルは、ナイアガラのアメリカ側滝付近の、SHERATON ON THE FALLS に泊まります。

今回は国境越えのマラソンなので、事前にアメリカ入国手続きをしなくてはならないため、休む間もなく、国境越えにGO!
国境は橋の上です。もう日没しちゃってて、暗くてよく見えないけど、橋のど真ん中。つまり、ナイアガラ川がアメリカとカナダの国境になってます。橋の上には、国境のプレートが。

APP (エーピーピー) AP-8000 ダイハツ エッセ L235S 05.12~ SFIDA (スフィーダ) ブレーキパッド

ナイアガラ川には4つの国境を越える橋が架かってて、橋は、それぞれ渡る為の規定があり、通常、歩行者が渡れる橋はレインボー・ブリッジのみです。

エリー湖(Lake Erie)から順に

1.ピース・ブリッジ(Peace Bridge)・・一般車両、トラック、トレーラー
2.レインボー・ブリッジ(Rainbow Bridge)・・一般車両、バス、歩行者
3.ワールプール・ブリッジ(Whirpool Bridge)・・特別なVISAの所有者のみ
4.ルイストーン・クイーンズ・ブリッジ(Lewiston-Queenston Bridge)・・一般車両、トラック、トレーラー

てなかんじですね。なので、この日は、2番のレインボーブリッジ。
マラソン当日は、普段は歩行者が通れない、1番のピースブリッジを渡るわけですねー
ふむふむ。

橋の袂には、カナダ側、アメリカ側の、それぞれの入国審査ゲートがあります。我々はカナダ側からてくてく歩き、アメリカ側で審査を受けて、緑の半券をパスポートにつけて、また橋を渡ってカナダ側に戻るんです。
入国審査ゲートの職員の雰囲気も全然違ったな。

せっかくアメリカ側にきたので、公園チックなところをプラプラしてたら、ナイアガラの滝に遭遇!
これはナイアガラの滝のなかでも、アメリカ滝と呼ばれる方とのこと。
ライトアップされているものの、暗くて写真はうまく撮れなかったけど、え?こんな距離感?とビックリする間もなく、膨大な水量に圧倒されました。


10/23(土) 晴れ

朝、大会主催のブレックファーストラン(3キロほど)に参加。

気づけばクイズ大会になってて、ところどころ、日本語でもクイズをくれた。応えるとピンバッチとか本とか折りたたみ傘とか配りまくり。100人弱くらいのなかに、日本人もちらほら見かける。もちろん、あの芸人さんも。

ナイアガラのテーブルロック、つまりカナダ滝まで、軽くラン。カラダが軽くてよいかんじ。大会当日もコレくらいの距離ならいいのに(笑)

左手にナイアガラ滝、右手に紅葉の公園と、涼しい空気(&たぶんマイナスイオンも)という、贅沢なシチュエーションで走る。朝日の当たるナイアガラの滝は、息をのむほどの美しさでした。
わー来て良かった。


いいかんじで、ランを終え、朝ご飯のハードロックカフェへ。

大会支給のベーグル、マフィン、バナナ、氷、栄養バーをゲット。
朝食ついでに、明日の朝食としても、ベーグルをゲット。海外大会では朝ご飯に困るからね~

朝食を終え、着替えて次はゼッケン受け取りへ。20分ほど歩いたかな?スカイロンタワーへ行く。
紅葉がキレイでした。メープルの葉の形が、日本と違う感じでカワイイ。

ホンダ フィット FIT ボアダッシュボードマット GD1/GD2/GD3/GD4/GE6/GE7/GE8/GE9/GK3/GK4/GK5/GK6

会場では、日本事務局の人たち(日本人)が待機してくれて、ゼッケン引取りの誘導&プレゼントで大会のキャップまでくれました。こんなに手厚い日本事務局も珍しい。会場はそこそこの賑わい。アディダス全品半額は嬉しかったな~

ゼッケン受け取り会場を後にして、次は、楽しみにしていた 【デジキャン DIGICAM】 ムーヴカスタム 等にお勧め アルミ鍛造ワイドトレッドスペーサー+専用ハブリングセット (各2個入)20mm厚 4H-100 P1.5 ハブ54-54φ 型式等:LA150S/LA160S 品番:15100420-545420、霧の乙女号へ♪
冬は終わってしまうらしく、今日が就航ギリギリ。間に合ってよかった。

船のスタート。左側から、昨日上から見たアメリカ滝を見る。でーっっかい岩がゴロゴロ下にあって、コレが落ちる水量って、とびっくりする。

そのまま、船はぐいぐい進んで、テーブルロックと呼ばれるカナダ滝へ。
近づくにつれて、すごい霧だ、いや雨だ、いや嵐だ!!!ってかるくパニックになるくらい、容赦なく水&風のラッシュ。

顔も手もバッシャバッシャとぬれて、目があけられないくらい。

上からみてたとき、滝の根元は霧がかって見えないんだけど、船からも、ホントの根元というか滝つぼは見えない。でもすごい爆音と、幅300m、落差50mくらい(体感値)をすべり落ちる水の量に、うわぁぁぁと圧倒される。

船はどこまで行くのよってくらいのサービスというか、突っ込みを見せる。
でも程よいところ(ま、たぶん船長は何万回も運転してるルート)で、スルスルと戻り始める。

はぁ~なんだったんだ。あの嵐。

いったんホテルに帰り、Nちゃんのお友達のOさんを待つ。車できてくださったので、ナイアガラ フォールズから、車で30分ほどいった、ナイアガラ オン ザ レイクの町につれてっていただきました。この周辺は、ワイナリーがたーくさんある。とくにアイスワインが有名とのこと。レストランを併設してる、STREWN(ストゥルーン)ワイナリーへ。

アイスワインとは・・・ぶどうが蔓になったままの状態で、完全に凍結するまで収穫を待つワインとのこと。

9月末には熟しているぶどうが、収穫までの3ヶ月の間に、水分が少しずつ蒸発し、ぶどう自体が凍結、解凍を繰り返し、ジュースが熟成されるらしい。甘みがかなり強いデザートみたいなワイン。マラソン前は本来、禁酒が今まで教わったこと。。

んが・・・ワイナリーに来て、飲まないなんてことができますかっ!

1杯だけ、ね


ローズマリーのきいたパスタとアイスワインを一杯。アイスワイン、美味し~い♪甘くて香りが良くて濃密なかんじ。教えをやぶった甲斐がありました。(ま、翌日、しっかりしっぺ返しをくらいますが)

ナイアガラオンザレイクの町もぷらぷらっと。途中から降った雨が強くてあんまり見れなかったのが残念。

翌日の準備を終えて、いざ就寝。めずらしく眠れなくなり、咳もひどく、ほとんど眠れない状態に。

そんなこんなで朝がくる。走れるのか???

10/24(日) くもり 一時雨

フルマラソン当日。ナイアガラフォールズマラソンは、

ニューヨーク州バッファロー(アメリカ)にあるアルブライトノックスアートギャラリーからスタートし、最初の6.5km(4マイル)は、バッファロー側のパークウェイを走ります。その後アメリカとカナダを結ぶ橋の一つピースブリッジを通り、オンタリオ州フォートエリー(カナダ)に入ります。そこからは右手にナイアガラ川の美しい景観を見ながら、ナイアガラの滝を目指します。ゴールは滝つぼ近くのテーブルロックです。

です。まさにその通り。

夜明けが7時くらいなので、まだ未明の5時くらいからゴソゴソと支度。寒さ対策でNちゃんからもらった、キネシオテープをお腹にペタっと貼る。

集合は隣のホテル。ここでも日本事務局の人達が誘導してくれて、日本人30人くらいかな?を1つのバスに乗せてくれる。会場にもいってくれるみたい。ありがたや。

パスポートを持って、出発だ!

カナダから、まずはバスでアメリカとの国境を越えます。ちょうど20分くらい走ったあとかな?練馬とかみたいな高速の入り口みたいなところで、バスが停車。
アメリカの警官みたいな2名が入ってきた。スクールバスに乗り込んでる私たちのヒトリヒトリの顔と、パスポートをチェック。ここで事前の手続きがアウトだと、アメリカ側いれてもらえないらしい。。。

腰にはガッツリした拳銃。あわわ。20cmと離れてない距離で初めてみたよ。
奪ったら・・・はい、生きてないですね。

ハラハラしながら、検問?終了。

バスは再び出発。アメリカにぐんぐん入る、が景色はそう変わらない。だって気候が一緒だもん。

選手待機場所に到着。誘導された先は、なんと美術館。普通に絵が飾ってある。ランナーがカッター持ってるとかいう発想はないんだろうか。そんくらい、無防備。
トイレは並ぶので、お早目に。

手荷物を乗ってきたスクールバスに、番号別に預ける。8000人くらい、というけど、結構スムーズ 、ていうか、そんなに人がいるように思えないくらい、スタート地点まで近い。ベルリンの導線の悪さとは大違いだ。

10時過ぎ、予定通りスタート!3人で、絶対に完走しよう!と約束する。

最初は街路樹の間みたいな道。早い段階で折り返しがあるのか、向かい側から、選手がすぐみえる。きれ~いな紅葉と、別荘地?民家?、ホームアローンとかできそうな、豪華な住宅地を駆け抜ける。
てか、通りを越えても越えても、ずーっと豪華。ゆとりですな。ていうか、ここにはいったい何したら住めるんだろう。。

しばらく行って、ようやく「5キロ」。どうやらキロ表示は Project μ プロジェクト ミュー ブレーキパッド EURO SPORTS Excellence リア Mercedes-Benz S210(Wagon) 210270 E430、「5キロ」ごとらしい。豪華な住宅地が終わり、橋っぽくなる。てか隣が車。高速みたいなちょい上り坂の橋を駆け抜ける。そっか、国境が近いんだ。

国境までは3人で一緒にいくぞー!ってことで、ひた走る。

アメリカとカナダの旗がみえた!国境だ!やったぁ~3人できたぞー!

絶対ゴールしようね、ってことで、再び走りはじめる。右手はナイアガラ川、あの滝の激しさとは似つかないくらい、ていうか、流れてるの??ってくらいのゆったりした流れ。左手は紅葉と木々とさらにゆとりある豪華住宅。ところどころにカモ?水鳥の群れ。なんか雄大だ。

日差しは曇り気味、一時、雨も降ったけど、シャワー程度でやんでくれた。風もほどよく吹いてて、心地よい。気温もたぶん12度とか15度くらいじゃないかな。

天気はホントにベストコンディション!

んが、ジワジワとつのる疲労感。。。

エイドは水とゲータレードと、なんかスポーツドリンク。これは豊富。何キロごと?とかわからないくらい、たっぷり。んが、食べ物は、ない。。。

素晴らしい自然とフラットな道、逆をいうと、エイドもなく単調な道。練習不足の身には、何倍にも長くかんじてしまった。いつもは35キロくらいでくるピークが、25キロくらいで来てしまう。。うう、つらい。

30キロまで 【送料無料】 155/65R14 14インチ WORK ワーク レッドスレッド 4.5J 4.50-14 YOKOHAMA ブルーアース RV-02CK サマータイヤ ホイール4本セット【YOsum18】、本当に本当に遠かった。ていうか、自分の練習不足を反省するばかり。

40キロ越え、川面が粗くなってきて、滝が近づいてくるのがわかる。ああ、帰ってきたんだ、っとナイアガラの滝がすんごく嬉しい。

ゴール前、地元の人や、大会の人が応援してくれる。なんとかなんとかゴール。

ゴール後、目に着きやすい場所に、日本の国旗=日本事務局のテントがあった。事務局の人があたたかく迎えてくださった。やはり、この事務局のホスピタリティは高い。最後まで安心できた。
完走はできて良かったけど、ランとしては超反省だらけの内容でした。

完走後はホテルに戻って、打ち上げに。大会で知り合った方たちと一緒に行こうとしたら 【店舗取付サービス】【10 アルファード オートウェア】アルファード 10W MZ 7人乗り シートカバー ポイント ホワイト、その方たちから、カナダ税関に、アメリカの緑の半券を返さないとダメ、と教えてもらう。

マジで!?教えてもらって本当に良かった。これ、返さないと、アメリカから出てないことになって、90日以上たつと、不法滞在ってなったらしい。ひーそんな大事なことは、大会ホームページに書いといてくれぃ。

打ち上げは楽しく終了。この日はさすがにぐっすり就寝。

10/25(月) 10/26(火)

ここからはマラソン以外になるので、軽めに。トロント空港でAちゃんとバイバイ。Nちゃんと二人旅に。

トロントから飛行機で、モントリオールへ。そこから車で1時間のモントランブランの町へ。

ここはメープル街道のハイライトで、紅葉の名所と呼ばれてるらしい。んが、私たちのいったときは、紅葉がほぼ終わり気味。

地面に落ちた大量の葉をみながら、いつかハイシーズンにきたいと願う。トレッキングができたり、かわいらしい町並みでショッピングしたり、美味しいご飯があったり、冬はスキーとかもできるみたいで、ステキなリゾート地でした。



宿は LA TOUR DES VOYAGEURS コンドミニアム付きのかなり素敵なお部屋でした。

10/27(水)

素敵宿だったモントランブランの宿ともお別れ。また車でモントリオールへ。
ホテルは Holiday Inn Select MONTREAL CENTRE VILLE だった。チャイナ系だったかな?ちょいと微妙なホテルでした。

モントリオール大聖堂や、マギル大学などを散策。


モントリオール大聖堂


マギル大学


マギル大学

10/28(木)

ケベックに向うため、モントリオール中央駅へ。

ここの駅は、超充実!!旅人向けなのか、朝早くからかなりにぎわっていて、食べ物は、サンドイッチやフレンチトースト、バーガーなど、めっちゃおいしそう。お店によるけど、プレートみたいな絵がでてて、

、これをちょうだい、っていうと、その場で、温かいものを作ってくれるかんじ。


7:10の VIA RAIL に乗る。
10:29 ケベック・パレ駅に到着。

ケベックは、北米唯一の城塞都市で、ユネスコの世界遺産にもなっているらしい。

ホテルは、Manoir Victoria。
歩いていけそうだったので、トランクをガラガラ引いてあるく。でも、結構な斜度のある坂道、そしてカーブが連なり、ホテルについても、50段くらいの階段。。素直にタクシー&ボーイさんに頼むべし。

ケベックの象徴ともいえる、シャトーフロントナックや、プチシャンプラン地区をプラプラ。細い路地に建物がたくさんあって、服とか、メープルシロップ屋さんとか AFFECTION オデッセイ RA1-4 Ver.2 リアウイング、お土産もの屋さんとか、眺めてるだけでも楽しい♪


シャトーフロントナック


お土産もの屋さんでオススメしたいのが、旧港近くのファーマーズ マーケットです。

あとから気付いたけど、ここのメープルシロップが一番豊富、そして安かった。果物とか野菜とかもたくさんあるけど、カモ肉の燻製とか、パテの缶詰とか、オリーブオイルとか、おいしそうなワインとか、本当にいろいろなものが売ってた。ここでも、ワインをゲット。

あと食べ物では、Ashton(アシュトン)という、昔でいうウェンディーズみたいなお店の、プティンがオススメ。
プティンは、ポテトにチーズみたいなチリソースをかけて食べる、ファーストフードみたいなやつ。でも、しんなりというか、食べるとちょっとやわらかくて、なんかくせになる味でおいしい。

10/29(金)

引き続き、ケベック。

シタデルという、要塞跡を観光。高台にあり、セントローレンス川が見渡せていいかんじ。
ガイドが英語のみ。。とほ。

お昼ご飯は、AUX ANCIENS CANADIENS という伝統的なケベック料理のお店に行く。
ここ、めっちゃ美味しかった~ ミートパイ、メープルパイともにオススメです。


シタデル


AUX ANCIENS CANADIENSにて

グランダレ通りなどをぷーらぷら。

あと、夜景散策もおすすめ。ライトアップされた、シャトーフロントナックは本当にキレイ。
寒さも手伝って、町全体もクリスマスみたい。雪景色もまたキレイなんだろうな、と思わせる街でした。

ヘッドライト 03-06 Sierra 6.0L Foglights red clear led tail lamps signal lamp ccfl headlamps 03-06 Sierra 6.0L Foglights赤いクリアテールランプ信号ランプccflヘッドランプ

10/30(土)

ケベック空港からトロント空港へ。そしてトロント空港から成田空港へ。乗継もスムーズで、10/31(日)に無事帰国!
ナイアガラマラソンも楽しく、充実したカナダ紅葉ツアーでした。ありがとうございました!

ツアープランナーからのコメント

いつもありがとうございます。また、詳しい旅行記、ありがとうございました☆
私達スタッフの間でも、色々と不明な点の多かったマラソンでの国境越えの様子が、詳細に書かれていて、凄く参考になりました。毎回ながらマラソンの後にその国を満喫する様子も、とても楽しそうで嬉しいです。今後とも、

15インチタントL350、360系ENKEI オール オールテン マシニングガンメタリック 5.0Jx15Bluearth AE-01 165/55R15

、宜しくお願い致します。

この記事に関連するツアーはこちら

関連リンク

【メーカー在庫あり】 三菱日立ツール(株) 日立ツール カッタ用チップ WH10 10個入り APET120202FR HD


ⓒ PURPOSEJAPAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ページのトップへ
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-26101