「試合巧者」慶応義塾大学が立命館大学に試合の主導権を握り勝利を収めた

by TIC編集部

第16回大学アイスホッケー交流戦苫小牧大会ファーストステージ
【慶應義塾大学5−2立命館大学】9月5日@白鳥

「試合巧者」慶応義塾大学が立命館大学に試合の主導権を握り勝利を収めた

第一ピリオド

先制をしたのは立命館大学だったがその直後慶応義塾大学が追いつき同点のまま第一ピリオドを終える

両チーム共に譲らない展開だったが、5−5の場面では慶応義塾大学が比較的長い時間アタッキングゾーンでプレーをしていた。

第二ピリオド

慶応義塾大学が一気に点差を広げる、第二ピリオド開始直後の3:42にFW#24安藤直選手がゴールを決めリードすると
その後10:33にFW#23下村選手 Clazzio クラッツィオ エアー EN-0578 タンベージュ/タンベージュパイピング ランディ SC26/SNC26、17:13にはFW#21滝選手のゴールと効果的に追加点を挙げ試合の主導権を握る

第三ピリオド

慶応義塾大学は二点差で迎えた試合残り1:50にペナルティと相手6人攻撃の4−6の状況となりピンチを迎えるもGK#32田中選手を中心に守りを固めゴールを許さない

その後18:57に抜け出した#24安藤直選手が相手無人のゴールにパックを運び ジェミニ(90.2~)JT641 リアディスク■プロジェクトμ ブレーキパッド BESTOP 前後セット 【送料無料】 パイザー(96.8~)G301G (FF) リアディスク■プロジェクトμ ブレーキパッド BESTOP 前後セット 【送料無料】 、試合を決めた。

全体を通してキープ力やパスなどの連携の強さを見せた慶応義塾大学は秋のリーグ戦でも試合巧者ぶりを見せることが出来れば上位陣を脅かすことになるだろう


The following two tabs change content below.

TIC編集部

最新記事 by TIC編集部 (全て見る)