>  > [ホイール1本(単品)] RAYS / HOMURA 2×7AG (YNJ) 19インチ×9.0J PCD:112 穴数:5 インセット:45
▼フロントロアアーム▼日産 スカイライン V35 H16.08以降 左用

[ホイール1本(単品)] RAYS / HOMURA 2×7AG (YNJ) 19インチ×9.0J PCD:112 穴数:5 インセット:45

文字サイズ変更
文字サイズ変更
事業情報

遠心分離機・カスケードとは

2016年2月18日更新

インセット:45 19インチ×9.0J (YNJ) / RAYS 2×7AG HOMURA PCD:112 PCD:112 穴数:5 2×7AG [ホイール1本(単品)]

遠心分離機は脱水機の原理と同じで、内部では回転胴が超高速で回転しており、内部に注入された六フッ化ウランガスは、重力の何千倍もの強さの遠心力によって回転胴に押し付けられます。このとき重いウラン238の割合が高い六フッ化ウランが外側に押され、外側で238の割合が高くなり、軽いウラン235の割合が高い六フッ化ウランが中心部に集まり、中心部で235の割合が高くなります。そして中心部から六フッ化ウランガスを抜き取ることにより、濃縮ウランが得られます。

[ホイール1本(単品)] RAYS / HOMURA 2×7AG 2輪 (YNJ) 19インチ×9.0J PCD:112 APP 穴数:5 インセット:45

わが国における遠心分離機によるウラン濃縮の歴史は クラウン(JZS141)(1992/10~1995/8)KYB-NEW SR SPECIALショックアブソーバ(フロント左右2本)、古くは、1959(S34)年に理化学研究所が1号遠心機を試作し、基礎研究に着手したことに始まります。

その後、国の方針に従い、原子燃料公社(現:日本原子力研究開発機構)が、中心となってその開発を進め、1969(S44)年に初めて濃縮ウランの回収に成功しました。

1972(S47)年には 【店舗塗装サービス】【C24 セレナ ケンスタイル】C24 SERENA MC前 URBAN フロントグリル/フードトップモールセット、原子力委員会が、遠心分離法をナショナルプロジェクトに指定し、遠心分離法によるウラン濃縮の本格開発が始まりました。

国は、人形峠において1976(S51)年にパイロットプラントの建設を、1982(S57)年には原型プラントの建設を決定しました。1988(S63)年には、100トンSWU/年の原型プラントの運転を開始し 215/65R16 98H YOKOHAMA ヨコハマ ECOS ES31 エコス ES31 SMACK BASALT スマック バサルト サマータイヤホイール4本セット、翌1989(H1)年には 、さらに100トンSWU/年の運転を開始しました。

一方、電気事業連合会は1981(S56)年にウラン濃縮準備室を設立し、商用化を進めウラン濃縮事業を行う会社として、1985(S60)年に日本原燃産業株式会社(1992(H4)年7月に日本原燃サービス株式会社と合併し日本原燃株式会社となる)が発足しました。1992(H4)年3月には六ヶ所村において RECARO インターナショナル シートレール ブルーバード NU14 右座席用 レカロ ニッサン N026R、150トンSWU/年のわが国初めての商業プラントが操業を開始しました。

カスケードとは

1台の遠心分離機によって濃縮される度合は U13 ブルーバード プラグコード【ウルトラ】パワープラグコード ブルーバード HU13/HNU13 シリコン 品番:2078-**、一般的にはごくわずかであり、必要な濃縮度を得るためには何回も処理を繰り返す必要があります。このために複数の遠心分離機を連結して効率よく運転を行う設備が必要であり、これをカスケードといいます。

カスケードの仕組み

カスケードは、直列に接続されたいくつかの段から構成されており、六フッ化ウランガスが各段を通過するたびに濃縮度が高くなります。それぞれの段には、処理する流量に応じた台数の遠心分離機が並列に接続されています。ある段でウラン235の割合が増加したガスは、さらに濃縮するため、次の上位段へ供給されます。一方、ウラン235の割合が減少した六フッ化ウランガスは、

、さらに無駄なく利用するために、下位段に再び供給されます。

各段の供給の流れには、下位段からのウラン235の割合が増加した六フッ化ウランガスと、上位段からのウラン235の割合が減少した六フッ化ウランガスが、合流しているため、異なる濃度の混合による無駄がなるべく起こらないように、遠心分離機の特性、台数等を設定することが重要です。

濃縮事業のご紹介

濃縮事業のあゆみ
濃縮事業の歴史を年表形式でご紹介。
ウラン採掘から発電までの流れ
ウラン鉱山から採掘されたウラン鉱石が、原子力発電の燃料となるまでの工程をご紹介。
ウラン濃縮工場での工程
天然の六フッ化ウランから濃縮ウランができるまでの工程をご紹介。
遠心分離機・カスケードとは
ウランの濃縮に使われる遠心分離機・カスケードの仕組みをご紹介。
ウラン濃縮技術開発センターについて
我が国唯一の濃縮技術研究開発拠点である「ウラン濃縮技術開発センター」のご紹介。
濃縮機器製造工場について
我が国唯一の商業プラント用遠心分離機を量産する「濃縮機器製造工場」のご紹介。
世界のウラン濃縮工場と資源量
世界の濃縮工場や濃縮技術、世界各地のウラン資源量をご紹介。
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-58415