HITACHI 日立 イグニッションコイル クリッパーリオ 660cc U72W 3G83 品番U11C01-COIL 3個

明治九谷を愛好するアメリカ人九谷焼をもっと知る旧跡と美術館めぐり ブログトップ
 石川県九谷焼美術館で開催されている企画展『染付とよばれたやきもの』は同館にしては珍しい名付け方であると思います。それというのも、この展覧会が同館で初めての企画である、“染付”というジャンルでやきものを総覧しているからです。しかしながら、九谷焼が上絵付けに特異なる色絵磁器であると思っている人でも、きっと九谷焼の釉下の青に引きつけられると思うのです。

 一般的に、染付とは次のように説明されています。「釉下彩の一つで、酸化コバルトを主成分とする絵具を使って素焼きした素地の上に図様を表し、透明釉を施して焼成する技法、およびその製品をいう。釉下青ともいい 【送料無料】 165/50R15 15インチ MANARAY マアナレイ ユーロスピード S810 4.5J 4.50-15 ROADCLAW ロードクロウ RP570(限定) サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、中国および朝鮮では青花と呼ぶ。」「釉下の酸化コバルトは、日本では茶碗薬・花紺青・呉須と呼ばれる。」

 それでは、九谷焼の染付はどのようなものでしょうか。九谷焼作家 橋本薫さんは、“NPOさろんど九谷”発行の会報「ふかむらさき」31号の中で、「染付と呼び習わしてきたのは、なぜだろう。単にきれいな絵模様以上の、深みや味わいを求めようとする茶人の美意識のなせることだろうか」と、古くから染付への憧憬があったことを述べています。日本では茶人らの趣向から染付への憧憬が生まれました。ですから、加賀藩主 前田利常の茶道師範であった小堀遠州が中国の呉須赤絵・古染付・祥瑞の茶道具をよく用いたといわれています。一方で、17世紀 オランダのデルフトでも中国明代後期の染付をモデルにして染付の製造が始まり、寛永17年(1640)、加賀藩はオランダ東インド会社に対しデルフト・ブルーで知られるデルフト陶を大量に注文しました。こうした趣向が九谷焼(古九谷)に深く関係したといわれます。九谷焼では、中国磁器やデルフト陶の染付を見て、藍九谷、祥瑞様式の古九谷、裏面に施された染付の文様などが生み出され、それらが江戸末期から明治にかけての九谷焼にも影響したと考えられます。

  
<ポスターになった藍九谷「竹虎図輪花皿」>  <垂れ幕になった藍九谷「竹虎図輪花皿」>
 同展に展示されている染付の作品の印象です。出品目録には76件、164点が掲載されています。染付の全体像を見てもらうために、中国、安南の染付に始まり 伊万里焼や柿右衛門窯の染付(藍柿など)から、古九谷の染付(藍九谷など)、若杉窯の染付、永楽和全や浅井一毫、竹内吟秋、中村秋塘、須田菁華などの江戸末期から明治大正にかけての代表的な窯や作家による染付の作品、さらには、見事な染付で仕上げられた“伊万里下”に赤絵金襴を施した大聖寺伊万里まで、幅広く展示されています。種類の多さにも驚きますが、展示の仕方にも工夫がいろいろあって楽しませてくれます。

 まず、藍九谷の傑作は「竹虎図輪花皿」です。7寸ほどの皿ですが、白の素地の上に竹と虎が濃淡をつけて染付けされ、縁の銹釉と照らし染付の発色がひと際鮮やかです。藍色で力強く描かれた虎のその目は白抜きであり、こちらを睨みつけているようです。これを模して実物の数倍に引き伸ばされた竹虎図の垂れ幕を見ていると、狩野派の障屏画に見られる竹虎図のように思えてきて、こうした竹虎図が古くから親しまれ、色絵古九谷において好まれた図案であったことを思い出せてくれます。
*藍九谷についての石川県九谷焼美術館の説明
藍古九谷ともいう。古九谷の一種。九州肥前の古窯からの伝世品の類品の磁器片が出土したことから、近年、伊万里焼として分類されている。しかしながら、古九谷窯は17世紀前半の肥前の窯業技術を導入したことは明らかになっていることから、工人の移動も含め、、様式上共通したものが双方で制作されたと考えても不思議ではない。昭和45年以降、石川県の発掘時に出土した染付磁片が古九谷窯で制作した染付が全てを物語っていないことは、大聖寺城下の家老屋敷「八間道遺跡」出土で 225/55R17 サマータイヤ タイヤホイールセット 【送料無料】CROSS SPEED PREMIUM-6Light 17x7.0 +48 114.3x5 BK/リムP + HF805 (225-55-17 225/55/17 225 55 17)夏タイヤ 17インチ 4本セット 新品、素地分析で、古九谷窯製であることがわかった「染付龍文隅入角鉢」等が証明している。古九谷窯跡出土品から、染付・青磁・瑠璃など本焼の窯業技術が九谷村にもたらされていた事実は動かない。だからこそ、再興九谷諸窯において、古九谷時代の青手など色絵のみならず、染付も復古されたことに注目すべきであろう。その技術の伝統が現代の九谷焼まで受け継がれていることを再評価してよいのではなかろうか。
 つぎに、色絵磁器の古九谷の裏面に施されている見事な染付です。こうした染付はなかなか見るチャンスがないのですが、これもまた見せる工夫の一つとして、10数点の古九谷端皿が裏返しにされ展示されています。中には僅かに色絵が施されているものもあります。色絵古九谷の裏面に描かれた染付の文様に興味を持つ人を楽しませてくれると思います。さらに、その傍には、見込みの縁に染付で円を描いただけで、色絵付けされていない古九谷の中皿が並べてあります。これから絵師が上絵付けをしようとした素地だったのでしょう、それがそのまま伝世されたようです。
 そして、若杉窯は再興九谷の中でも染付に先んじた窯です。その染付は濃淡が巧く発色しているものもあれば、全体に濃く発色したものもあります。また、永楽和全の「山水図向付」(20客のうち5客のみ展示)は見込みに図柄が染付で描かれていますが、学芸員によると 送料無料(一部離島除く)WEDS REVSPEC レブスペック TC ブレーキパッド・フロントニッサン ローレル(1997~2003 C35系 HC35) フジコーポレーション、20客すべての青の発色が異なるそうです。しかし、明治以降になると、概して、九谷焼の染付はその色が淡くなり、藍九谷に比べ淡麗すぎる印象を受けます。特に、竹内吟秋の「富士山図花入」は、染付の青一色をもって、遠景に雲の上の富士山がうすく描かれ、富士山の手前には、近景に峰々がいくぶん濃く描かれていう具合です。正に、旧大聖寺藩の絵師 竹内吟秋の作品であるといえます。
 なお、展示されている中国の染付は大きな平鉢など13点が展示されていますが、その発色は藍九谷や古九谷の裏文様、あるいは伊万里の青とも異なり、かなり淡いものに感じられます。しかしながら、こうした平鉢の図柄を見ていると、古九谷独自の絵付けが生れたことを思い起こさせる迫力のある作品です。

 古九谷には以前より染付に近いものがあったと聞いていました。昭和45年以降、古九谷窯址で石川県埋蔵文化センターによる数度の発掘によって出土した陶磁片の数は2万点にのぼり、そのほとんどが染付の陶磁片であったといわれます。さらに、最近、石川県小松市の大川遺跡から発掘された陶磁器のうち九谷焼が碗19点、皿10点、大皿8点であり、うち13点が染付であると報告(*)されています。その遺跡で発掘された実物(一部)を見た印象でも、石川県立美術館 嶋崎館長が述べられるように「染付はしっかり描かれており、技術は高い」と思われます。さらに、興味深いのは、今回の出土品が古九谷と同じ時期に作られましたが、あまり加飾されていないため古九谷には分類できないものの、「九谷古窯の生産量は多くないと思っていたが、庶民向けも流通していたのなら [ACRE] アクレ ブレーキパッド PC3200 フロント用 セルボ・モード CP22S 95/10~99/2 660cc 車体No.370001~ 5型 TURBO ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円、それなりの数が作られていたことになる」という嶋崎館長の指摘です。大川町が小松城址のすぐ近くにあり 【店舗塗装サービス】【E26 NV350 キャラバン ノーマルボディ エアーズロックジャパン】NV350 キャラバン E26 標準ボディ 後期 純正フロントプロテクター ダークメタルグレー、しかも加賀藩3代藩主 前田利常の小松城への隠居に伴う城下町建設により付近一帯が町家として整備されたことがわかってきたため、武士以外の町人たちが、肥前磁器などと一緒に古九谷窯でやかれた染付の食器を使っていた可能性が出てきたのです。
(*)大川遺跡に関する報告書:2014年石川県埋蔵文化センター『小松市大川遺跡』
 染付とよばれるやきものは私たちにとって身近な食器だと思います。染付の食器は、堅牢で、何よりもどんな料理とも良く合い、使いやすいと思います。染付の蕎麦猪口などはその典型ではないでしょうか。江戸時代の後半にお蕎麦が庶民の食べ物として流行り 、

、藍色で絵付けされた蕎麦猪口もたくさん使われ 、そんな中で染付という言葉が生まれたといわれています。ですから、染付の磁器は、「深みや味わいを求めようとする茶人の美意識」までに至らなくても わたくしたちの身近にあって 白い磁肌に染付けされた藍色にどことなく感傷的なものを感じるのかもしれません。展示されている多くの染付を見ているうちに、日本人にとって、藍九谷のような青がより好のまれる色合いであるように思えてきました。
[T.K]

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-68646